Nefryの便利な関数

Nefryの便利な関数をまとめてみました。

ndelay

2.3.0u

delayではすべての処理が止まってしまいますがこちらを選ぶことで停止時間にNefryのWeb表示などの様々な機能を継続することができます。 基本的に500ミリ秒以上の待ち時間になる場合はこちらを選んでください。

引数1 unsigned long ミリ秒で時間を指定します。1000ミリ秒=1秒
返り値 void なし
具体例 Nefry.ndelay(1000);//一秒待つ

reset

2.3.0u

Nefryをリセットし、プログラムを初めからやり直します。

引数 なし
返り値 void なし
具体例 Nefry.reset();

sleep

2.3.0u

Nefryを省電力モードのスリープモードにします。スリープモードに入ると処理ができません。
スリープが終わった後はプログラムを初めからやり直します。
スリープモードを強制的終了させるにはNefry本体のリセットボタンを押すか、指定した時間が経つのを待つしかありません。 0を入力することで、無期限スリープモードになります。

引数1 int ここにスリープする秒数を入力します。単位は秒です。
返り値 void なし
具体例 Nefry.sleep(30);

getWebServer

2.3.0u

ESP8266WebServerを扱うことができます。ユーザ側でWebページを追加することができます。 Nefryのメインページにそのリンクを貼りたいときはsetIndexLink関数を使ってください。

引数 なし
返り値 ESP8266WebServer* ESP8266WebServerのポインタで返ってきます。
具体例 Nefry.getWebServer();

2.3.0u

Nefryのメインページにリンクを貼ることができます。

引数1 const char[32] メインページに表示したい文字をいれてください。
引数2 const char[32] そのページのURLを入力してください。
返り値 void なし
具体例 Nefry.setIndexLink("Nefryの秘密","/secret");

setProgramName

2.3.0u

Nefryのトップページで表示されるプログラム名を設定できます。

引数1 const char* プログラム名を設定できます。
返り値 void なし
具体例 Nefry.setProgramName(10);

getProgramName

2.3.0u

Nefryのトップページで表示されるプログラム名を取得することができます。

引数 なし
返り値 String プログラム名を取得することができます。
具体例 Nefry.getProgramName();

getVersion

2.3.0u

Nefryライブラリのバージョンを取得することができます。

引数 なし
返り値 String Nefryライブラリのバージョンを取得することができます。
具体例 Nefry.getVersion();

getModuleName

2.3.0u

NefryのModule名を取得することができます。

引数 なし
返り値 char* NefryのModule名を取得することができます。
具体例 Nefry.getModuleName();